Dogama(土釜)~能登珪藻土研究会 Noto Earthenware Project

能登珪藻土研究会 Noto Earthenware Project

ホームお問い合わせ

ホーム > 使いやすさの工夫

使いやすさの工夫

温度管理がしやすく、2分足らずで焼き上げる

 

特許申請中の天井部のくぼみがポイント!

窯内部に熱の対流を発生させ、焼きムラなく短時間で焼き上げます。

2箇所につけられた温度センサーも、ピザを短時間でおいしく焼き上げる見張り番。炉に入れるタイミングや窯内部の温度を知らせてくれるサポーターです。

断熱性が高く、表面まで中の温度は伝わりません。外側は触れても熱くなく、やけどの心配はありません。窯内部は540℃の高温でも、外側は50℃。わずかにあたたかい程度で、やけどすることはありません。珪藻土100%のピザ窯Dogamaは、珪藻土の特徴のひとつである断熱性を十分に生かした設計がされています。


 

さらにおいしく焼き上げるグリルプレート

特殊素材を使ったグリルプレートが、短時間で中はもっちり、外はパリッと焼き上げます。

長年の珪藻土産業で培った技術を、グリルプレートの開発に応用しました。特殊素材を用い、ピザをよりおいしく焼くための厚みや温度を計算した造りになっています。
オープンでいえば天板に当たるグリルプレート。
ピザ生地を直接乗せて焼くものだけに、メンテナンスにも考慮しました。


 

ガス火で維持管理も容易

基本的に熱源はガス火を使用します。
温度が安定し温度管理がしやすく、維持に手間がかかりません。
珪藻土の特徴である断熱性能が十分に発揮され、1枚2分足らずの短時間で焼き上げます。


 

比べてください!使いやすさ、汎用性!

 

厨房はもちろん、店内でもカウンターでもテラスでも、どこでも設置できる汎用性の高さが自慢です。